最高記念室「FUTURE FOR FUTURE」

最高記念室メンバー
水野健一郎我喜屋位瑳務高松徳男足立拓人堀田知聖
会期:2015年10月17日(土)-11月28日(土)
時間:12:00-20:00
休廊:月、火、水曜日 ※会期中の祝日は通常営業
オープニングパーティー:2015年10月17日(土) 17:00-20:00
会場:Fm 東京都渋谷区恵比寿西1-33-3 光雲閣 #110
Tel070-6969-1412

Fmは、10月17日(土)より最高記念室「FUTURE FOR FUTURE」を開催します。

最高記念室は、水野健一郎の呼びかけにより、我喜屋位瑳務、高松徳男、足立拓人、堀田知聖(仮メンバー)とともに結成された美術グループです。美意識が拠り所を失いつつあるこの時代を、「美意識消滅の危機であると同時に、流行に左右されない純粋美意識に昇華するまたとない機会」と捉えるための「超現実肯定法」をご覧ください。

最高記念室「FUTURE FOR FUTURE」︎ステイトメント

美意識は往々にして流行に左右されます。流行の波はリニューアルを施されながらも幾度となく繰り返し訪れ、その周期は年々加速度的に短くなっています。しかも流行はひとつではありません。多種多様な流行の残像が幾重にも重なり合い、やがて美意識は拠り所を失います。それは美意識消滅の危機であると同時に、流行に左右されない純粋美意識に昇華するまたとない機会でもあります。目を瞑り、遥か遠い未来に思いを馳せてみましょう。そこはもはや地球ではなく、かといってどこか別の惑星というわけでもなく、ベンハムの独楽に浮かび上がる虹のように儚い世界が出現するでしょう。最高記念室という部屋はその世界に存在します。これは現実逃避でしょうか。いいえ、くにえだくん。これこそが僕らの超現実肯定法なのです。
(2015年8月/最高記念室 水野健一郎)

最高記念室

2011年 水野健一郎の呼びかけにより結成された西東京系美術ユニット。「西東京」には「西新宿」「関西」「西海岸」「西ドイツ」「西遊記」などのような強い西性はなく、どちらかというと「郊外」という言葉に近い意識下にある。スタイルや文脈にとらわれず個人的な美意識だけをたよりに制作した作品を持ち寄り、世代を超えてその最高感を分かち合うことを目的とする。2015年現在、メンバーは、水野健一郎、我喜屋位瑳務、高松徳男、足立拓人、堀田知聖(仮メンバー)。全員絵を描いていることから平面作品が中心となる。

〈展覧会歴〉
2013年 最高記念室によるエキジビション「最高記念室」(TOKYO CULTUART by BEAMS)

〈メンバー〉
水野健一郎(Kenichiro Mizuno)
http://kenichiromizuno.blogspot.jp/
1967年岐阜県生まれ。東京都在住。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセミナー卒業。既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて自身の原風景であるテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。個展などの展示活動の他、ジャンルを超えたコラボレーションを精力的に行う。作品集『Funny Crash』(2009年)、『KATHY’s “New Dimension”』(2011年)をTOKYO CULTUART by BEAMSより刊行。2013年より美學校「絵と美と画と術」講師、東北芸術工科大学映像学科非常勤講師。
我喜屋位瑳務(Isamu Gakiya)
http://gakiyaisamu.com/
1974年沖縄県生まれ。東京都在住。子供の頃見たテレビ(アメリカチャンネルや本土の民放放送)やアメリカ占領下の名残など、雑多な文化から受けたインスピレーションを元にペイント、ドローイングやコラージュを雑多なスタイルで制作する。『1_WALL』展で初代グランプリ。2013年活動再開したGREAT3のヴィジュアル全般を担当。
高松徳男(Norio Takamatsu)
http://www.ascomnet.net/noriot/
1978年兵庫県生まれ。埼玉県在住。2001年インターメディウム研究所「IMI」写真コース修了。1999年『Young Japanese Photographers 10』参加。2004年第22回グラフィックアート『ひとつぼ展』入選。2009年第1回グラフィック『1_WALL』入選。2013年個展『1985年の ゲイラカイト』、THE blank GALLERY『POSSIBLY TALENTED Vol.5』参加、ターナーギャラリー『春のカド』出品。
足立拓人(Takuto Adachi)
http://ashidetatelu.org
1981年香川県生まれ。東京都在住。CD、Tシャツ、電子書籍などでイラスト、デザインを制作。フリージン制作集団『KNAKED』、絵本ユニット『MAMI』を立ち上げ幅広いジャンルで活動中。現在はアートユニット『最高記念室』に参加しTOKYO CULTUART by BEAMSにて展示『最高記念室』(2013)を開催。SUMMER SONIC 2014、2015にてライブペイントを作成。
堀田知聖 (Hotta Tomoaki)
http://hottatomoaki.com/
1990年新潟県生まれ。東京都在住。画家。 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻入学後転学科、同大学グラフィックデザイン学科卒業。美学校講座「絵と美と画と術」6期生。賞罰なし。 2015年 No.12 Gallery 『もらいゲロ』 (2人展:堀田知聖/加古万貴)

展覧会情報をシェアする


Fm 展覧会:最高記念室「FUTURE FOR FUTURE」 http://galleryfm.com/fff/

Saiko Kinenshitsu “FUTURE FOR FUTURE”

Members
Kenichiro MizunoIsamu GakiyaNorio TakamatsuTakuto AdachiTomoaki Hotta
Dates:2015.10.17(Sat)-2015.11.28(Sat)
Hours:12:00-20:00
Close on Mon, Tue, and Wed
Note:Open on holidays
Opening party:2015.10.17.(Sat) 17:00-20:00
Venue:Fm Ebisunishi 1-33-3, Kounkaku #110, Shibuyaku, Tokyo
Tel:+81-70-6969-1412

Fm will hold its exhibition, Saiko Kinenshitsu “FUTURE FOR FUTURE”, on Saturday, October 17th, 2015.

Saiko Kinenshitsu is an art unit of the members Kenichiro Mizuno called; Kenichiro Mizuno, Isamu Gakiya, Norio Takamatsu, Takuto Adachi, and Tomoaki Hotta (a provisional member). While aesthetic consciousness is losing the cornerstone in this era, Saiko Kinenshitsu says “it is a crisis of aesthetics, but at the same time, it is an unrepeatable opportunity to pursue and express pure aesthetics that are not influenced by fashion or trend”. In this exhibition, they will show “Surreal Positive Method” for the pure aesthetics.

Note: Japanese name is 最高記念室 [saɪ.koʊ.kɪˈnensɪtsu] meaning the “best memorial room”. The pronunciation is very similar to psychokinesis [saɪ.koʊ.kɪˈniː.sɪs].

“FUTURE FOR FUTURE” Statement

Aesthetics is influenced by fashion and trend in the often. Its wave visits countless times again, and subjected to a renewal. The period is getting shorter every year at an accelerated pace. Moreover, the fashion or trend is not a one. Afterimages of a wide variety of fashion and trend overlap among them over and over again. Eventually aesthetics will lose a cornerstone. It is simultaneously a crisis that aesthetics would extinct, and it is an unrepeatable opportunity to pursue and express pure aesthetics that are not influenced by fashion or trend.
Close your eyes. Imagine the far distant future. There is no longer the Earth, or somewhere another planet. There will be a fleeting world like a rainbow to emerge in Benham’s top. Saiko Kinenshits, the best memorial room, will exist in that world. Is this would be escapism? No, Kunieda-kun. This is what’s our “Surreal Positive Method”.
(Kenichiro Mizuno, Saiko Kinenshitsu, August 2015)

Saiko Kinenshitsu

In 2011, Saiko Kinenshitsu is formed by the call of Kenichiro Mizuno. They bring artworks that they create relying on only personal aesthetics that is not influenced by styles or contexts, and aim to share a sense of exaltation beyond generations. Initially, due to Mizuno’s selfishness, the condition to join the unit was West Tokyo resident poor at coping with life’s problems, although a west area is very wide. Mizuno might hope to establish “West Tokyo Style” as a common style of members, although it’s not known.

〈Past Exhibitions〉
2013 Saiko Kinensitsu “Saiko Kinensitsu’ (TOKYO CULTUART by BEAMS)

〈Members〉
Kenichiro Mizuno
http://kenichiromizuno.blogspot.jp/
Born in Gifu, Japan (1967)
Mizuno graduated from Setsu Mode Seminar. In the quest for romanticism found between déjà vu and jamais vu, he captures and reconstructs subconscious influences from TV animations, and creates artworks using various techniques of drawing, painting, graphic style, and animation. While participating in many exhibitions, he actively collaborates in performance and fashion design, etc. Some of his published works include Funny Crash (2009) and KATHY’s New Dimension (2011) through TOKYO CULTUART by BEAMS. From 2013, he has been a guest lecturer in Bigakko, and a part-time lecturer in the Film and Media Department at Tohoku University of Art and Design.
Isamu Gakiya
http://gakiyaisamu.com/

Norio Takamatsu
http://www.ascomnet.net/noriot/

Takuto Adachi
http://ashidetatelu.org

Tomoaki Hotta (a provisional member)
http://hottatomoaki.com/